グループホームあいむ【あいむとは】


logo.jpg認知症対応型共同生活介護施設

otoiawase02.jpg

watashimo.jpg

syacho.jpg「あいむ」とは【I am=I’m】のことです。あいむ(私は…)から始まる生活。
グループホームにおける生活の主役は、家族や介護者、ましてや施設ではなく、そこで生活する一人一人であるという思いを表現しました。
誰にとっても当たり前な人としての尊厳や自己表現を改めて見直し、「生かされている」という受動的な人生ではなく、「自分が(自分の意思で、自分らしく)生きている」という能動的な生活への変革を目指す上でこの名称を選びました。
I’m(私は…)、「自分が生きていることを実感しながら、地域の中でその人らしい自立した生活を継続する。
私たちはそんな毎日を一緒に生活しながら見守り続けます。

アライヴ株式会社 代表取締役 奥田 寛

midashi-02.jpg

ietosite.jpgietoshite_02.jpg

食堂の右部と下部には壁があり、プライベートスペースとパブリックスペースを明確に分けています。壁一枚あるだけで、生活の場という意識が高まり、トイレや浴室も人目を気にせず自由にリラックスして行くことができます。


特徴②.JPGsyokujiha-02.jpg

入居者とスタッフがコミュニケーションを図りながら楽しく調理します。ほかの利用者と声を掛け合って共同作業をすることで、お互いが支え合う意識も生まれます。また、入居者とスタッフがテーブルを囲み、一緒に楽しく食事をし、家庭的な雰囲気と団欒を大切にしています。


souji.jpgsoujiha-03.jpg

わたしたちが生活していく上で「当たり前」にしている家事活動や地域活動などにはできる限り参加していただいています。みんなで共に活動することで連帯感や責任感も芽生え、「助け合い、支え合い」の精神も醸成されます。


aim-toha03.jpg

食堂と居室の間に廊下を設けてあることに加え、居室3室分の食堂が住居らしく、ちょうどいい空間をもたらしています。
ほっと安らげるような家庭的な住まいで、戸惑いやすい認知症のお年寄りの心と体を支える配慮がなされていますので、認知症状の進行を穏やかにして身体能力の低下を抑えます。もちろんバリアフリー設計です。

aim-toha06.jpg


madori-02.jpg居室の大きな窓からは障子を通してたくさんの光が差し込み、とても明るいお部屋です。
「施設」といった雰囲気は無く入居者の方々の「生活の場」にふさわしいリラックスしてくつろいで頂ける空間です。

食堂の大きなダイニングテーブルは入居者が仲良く食卓を囲むことができ、みんなが楽しく暮らせるための共同スペースです。ここで料理をしたり、お茶を飲んだり、団欒を楽しんでいただいています。

お風呂やトイレも、使いやすさはもちろん安全性を考えられた作りになっていますので、車椅子の方でもとても安心です。

madori-03.jpg


aim-toha04.jpg

gaikan_02.jpgスーパーマーケットや公園などが徒歩圏内にあり、住宅地としての生活環境が整っています。
通行に安全な立地であることや、各種クリニック、歯科、総合病院等に恵まれています。
日常は、顧問医師の定期往診により健康管理を行なっています。
「あいむ」は、認知症高齢者のそれまでの暮らしと継続性を保つために、最適な立地条件を兼ね備えています。
aim-toha08.jpgaim-toha09.jpg

地下鉄御堂筋線とJR阪和線の通る長居駅からほど近い場所にあるにも関わらず、小川が流れ木々が揺れる閑静な住宅地。徒歩圏内にスーパーや公園などがあり、施設だけで完結しない生活が可能です。


syokuinnokoe.jpg

image1.jpgI・T(管理者)
「あいむ」では、入居者の方お一人おひとりを、「歳をとっても、認知症になっても、生きぬく力をもつ一人の人」として見つめ続け、介護者が「手を出し過ぎないケア」を心がけています。さまざまな日常活動を通して培われた、入居者の方同士の「共に暮らす仲間意識」、それが「あいむ」らしさの一つだと思います。笑顔や笑い声に溢れるあいむの暮らし、ぜひ一度ご覧になって下さい。

IMG_4797.jpgA・R(主任)
私は平成16年オープンからのスタッフです。介護の仕事は未経験で、「あいむ」が初めてでした。そんな私ですが、雰囲気が良く働き易いホームで、又、勤務体制にも無理がないので毎日充実して仕事をすることができ、今では「主任」を務めさせていただいています。一日がゆったりと流れて、利用者さん達と笑顔で関わり合える時間が多く、楽しく働いています。

IMG_4766.jpgM・H(リーダー)
私は開業後4年目に入社で、それまでは大きな医療系施設で働いていました。「あいむ」に来て、まず「利用者さんと職員に笑顔が絶えないこと」「利用者さんが生活に根付いた日常の中で、自由な外出をされている」ことに感銘しました。職員の年代構成も幅広く、役割分担がきっちりしていて、バランスのとれた働き易い職場です。新入職員研修担当という中堅の役割を担っています。


IMG_4771.jpgM・T、W・A(非常勤介護職)
私達はパートとして開業2年目から勤務しています。「あいむ」は、お年寄りが普段通りに暮らすゆったりした大人の生活の場で、身体介護のウエイトが比較的少なく永く働けています。反面、意欲低下している利用者への自立支援には工夫が必要ですが、それがやり甲斐にもなっています。「あいむ」は施設的ではなく、大家族の「家」的な感じで、利用者さんとは自然体で接しています。利用者さんとの和やかな会話と共に、一緒に楽しく過ごしています。

kyuujin-02.jpg

下記お問い合わせフォームからお申し込みください。
お名前、連絡先をご記入いただき、お問い合わせ内容の覧に「求人応募」とご記入の上送信してください。
お電話での申し込みもお待ちしております。
後ほど面接日をご連絡いたします。(担当:奥田)

tel02.jpg
(平日 9:00〜18:00 担当:稲垣)
toform02.jpg


pick-up.jpg

heisetsu07.jpg

banner_02.jpg

kyuujin04.jpg

banner_pdf.jpg